ライチョウに関する書籍

参考文献

このサイト内の情報の参考文献。
ライチョウに関するこれまでの記録や調査情報も多く掲載されています。

  • 「奇跡の鳥ライチョウ」 1997年 森勝彦(著)
    森勝彦さんによる「奇跡の鳥」ライチョウのフォトドキュメント。
  • 「雷鳥が語りかけるもの(ネイチャー・ストーリーズ)」 2006年 山と渓谷社 中村浩志(著)
    ライチョウがなぜ日本の高山で生き残ったのか、丁寧に記されている本だと思う。また「野生動物の保護とは(中略)それらの動物をふくんだ自然そのものを守ることなのである。」(P189)など、中村先生の思いがちりばめられた一冊。
  • 「絶滅危惧の野鳥事典[事典辞典]」 2008年 東京堂出版 川上洋一(著)
    少し前の本のためライチョウの絶滅危惧レベルが違うものの、2ページに端的にまとまった内容。
  • 「ライチョウ愛情物語 〜ぼく負けないよ〜」 2012年 発行:パレード 発売:星雲社 森勝彦(著)
    森勝彦さんの写真絵本。ライチョウのヒナの成長物語。
  • 「二万年の奇跡を生きた鳥 ライチョウ」 2013年 農山漁村文化協会 中村浩志(著)
    これまでのライチョウ研究に関して、矢沢米三郎先生や羽田健三先生の研究についての言及あり。
  • 「雷鳥 四季を纏う神の鳥 高橋広平写真集」 2016年 市立大町博物館 市立大町博物館【編】
    高橋公平さんの写真集。大福(だいふく)という言葉が腑に落ちる一冊。
  • 「ライチョウを絶滅から守る!」 2018年 しなのき書房 中村浩志、小林篤(著)
    近年みられるニホンジカやニホンザルの高山帯への侵入、食害を含めたライチョウに迫るさまざまな危機が理解しやすい本。
  • 「ライチョウ 生活と飼育への挑戦」 1992年 信濃毎日新聞社 大町山岳博物館(編)
    大町山岳博物館におけるライチョウの飼育について丁寧に記された本。試行錯誤を行う様子も含めかなり詳しい状況を知ることができる。
  • 「ライチョウを絶滅から救え(ノンフィクション・いまを変えるチカラ)」 2018年 小峰書店 国松俊英(著)
    すべての感じにフリガナが付いていて小学生でも読める本。2018年に発見された中央アルプスのライチョウについての記述もあり。
  • 「らいちょうころころ 立山室堂のライチョウ親子」 2018年 文一総合出版 戸塚学(写真)
    らいちょうの写真集。コンパクトなので持ち歩くことも容易。ふとしたときに開くと癒やされる。ライチョウQ&Aもあり。個人的にp32,p38のひなの後ろ姿が好き。。
  • 「日本アルプスのライチョウ」 2020年 新潮社 水越武
    らいちょうの写真とともに、水越さんの文章も読み応えあり。私の好きな写真はp104のメス。

上記の書評については個人的な感想となります。

参考サイト

LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字