中部大学の研究活動:ライチョウのフンから食べた植物を判断できたとのこと

今回は、食べている植物のDNAの情報を基に、生物分類の「科(か)」その下位の「属(ぞく)」、さらに下位の基本的単位「種(しゅ)」での同定が可能となったとのこと。

フンを調べるだけで、ライチョウが食べたものの「種」までわかるようになったということは、ライチョウへのストレスを感じさせずに、主要な餌がわかるということ。

詳細については、下記 中部大学の新着情報へ
中部大学 – 研究活動 – ライチョウの糞の精密DNA解析で採食した植物を高精度で同定 ─保護のための高山植生保全に活用─(藤井太一助手、上野薫准教授、南基泰教授ら)

2022/04/05

LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字
LINEスタンプ/LINE絵文字