こやり > imagine > オリンパスのデジカメ修理 送料の盲点

オリンパスのデジカメ修理 送料の盲点

オリンパスのデジカメ修理 送料の盲点

オリンパスPENが調子が悪い。

症状は、
・シャッターを切るとモニターがOFF、さらに数秒後に電源がOFF
・再度電源ONしてみると、なぜかシャッターが切れるような音(ガシャン)。電源が入るが数秒すると勝手に電源OFF
・何度か繰り返すと、数枚撮れるときもあるが、ほとんどの場合は撮影不可

iPhoneでも写真はキレイに撮れるのだけど、
カメラで撮ると、空気が撮れるのか、空間がリアルになるため
カメラでも撮っておきたいということがたまにある。
というわけで、何も出来ない塊のままにしておくのも勿体ないので、修理に出すことにした。

オリンパスに修理に出そうとすると3つのパターンを選択させられる。
(2018/01/18現在)
1. 引取修理(ピックアップ)
提携している業者さんが家まで梱包材ももって引き取りに来る(1500円)
2. 持込修理
サービスセンターに直に持っていく(0円)
3. 送付修理
自分で梱包してセンターに送付する(自分で送る送料)

サービスセンターの近くに住んでいる人は 2番 だと思うが
通常は 1番 のピックアップか、3番 の自分で送付を選択する。

どうやって送っている人が多いのかなとネットで調べてみると
「ピックアップの1500円は高い!」と考えたのか
3の自分で送付することを選択している人が多そう。

例えば、自分で送るとして安い方法を探して
600円でサービスセンターに送ると

・ピックアップの場合: 1500円
・自分で送付の場合: 600円

となって、900円もオトク!

と思うのかもしれないけど、この時点で早合点してはいけない。

この場合、修理後の返送については考えられていない。
自分で送付する場合は、返送時に別途1000円を取られているよう。

ということは、
・ピックアップ(往復)1500円
・自分で送付(送付)600円 +(返送)1000円 = 1600円
になっていて、実は高くなっていたりする。

ピックアップは、
家まで取りに来てくれるオリンパスのサービス。
(以前は500円ぐらいでピックアップしてくれてたけれど、やっていけなくなった?)

ちなみに保証内だと、自分で送付する方が安くなるかも。
・ピックアップ(往復)1500円(保証があっても有償)
・自分で送付(送付)600円 +(返却は無償)0円 = 600円

宛先記載も梱包材も用意しなくていいピックアップは便利だけどね。

2018/02/25