imagine

imagine

コロナウイルスの変異株は、地図に重ねると分かりやすい

コロナの変異株のこと。今まで英国株とかインド株とか言ってましたが、アルファ、ベータとギリシャ文字の読み方順序で呼ぶとのこと。 デルタって△だから、地図で見るインドの逆三角形みたいだな、他の株はどうなんだろう?と見てみたら、意外にも一致した。 英国(イギリス)は、海をぐるっと囲ん...
imagine

ゆうパック専用箱が規定サイズよりも小さい理由と最適な段ボールの形

『ゆうパック包装用品』 郵便局が販売しているゆうパック専用の段ボール箱があります。 ゆうパック包装用品 郵便局が販売しているゆうパックの専用の箱なのだから、コレを使えば最高のパフォーマンスでお得に送れるような気持ちになっていましたが、ゆうパックが規定しているサイズ...
imagine

長年のった愛車とのお別れ

別れは突然やってきました。 調子があちこち悪くなっていたけれど とても気に入っている車なので 修理したりして、だましだまし乗ってきていました。 2年ぶりの車検。 開かなくなっていたけど放置していた窓を5万円かけて修理して、 また2年頑張ってみよう!とディーラーに送り出しましたが 次の日に高額...
imagine

詐欺をのみこむATMを考える

みずほ銀行のATMが停止した。システム障害で通帳などを飲み込んで返却されなかったらしい。 障害が解消して通帳を吐き出す準備ができても、ATMの前にまだ持ち主がいるか分からないからのようです。 なるほど。 でも、通帳を飲み込むなんて出来るなら、ATMを利用した振り込み詐欺もちょっと防止できるの...
imagine

新型コロナウイルスのワクチンについて考える

 髪をカットしてもらいにいつものお店に行きました。「新型コロナのワクチン打ちますか?」と聞かれたので、「たぶん打ちますよ」と答えました。美容師さんが言うには、アレルギーがあるので危険だから打たない。周りも打つと言っている人が少ないとのこと。 なるほど。まだ、打てる段階でもないのに、危険性が...
imagine

地図でホントの大きさを比較できるサイトができた

子どもの頃からなじみのあるメルカトル方式の世界地図。 ホントの大きさじゃないと言われてもピンと来なかったし、実際の大きさで比較をどうすればいいのか分からなかった。 そのメルカトル方式の地図で、指定した国がメルカトル方式のまま移動できるようになるサイト 『The True Size...
imagine

のびをしたらなぜか袖が裂けたので服をマスクにリメイクした

長引く新型コロナウイルス。 これは手作りマスク作った方がいいなと思っていたときに ダメになった服があったので、その生地でマスクを手作りすることにしました。 使い捨てマスクから抜いたプリーツ芯(鼻の部分に入る針金)を入れるポケットを作り ヒダを付けて顔の形に広げられるようにしました。 裏側は...
book

包丁をこっそり研いでも気付かれなかったので本を読んで研いでみた

ネットでちょっと調べて、砥石を買って、包丁を研ぐということが出来るようになった。 ある日、こっそり包丁を研いでおいて、「アレ?なんか急に切れるようになってる!」とか気付かれたいのに全く気付かれない。 こりゃ、独学はダメだ。 ちゃんとした人が書いた本を読もうと思い立って、包丁研ぎの...
imagine

にがい成分で人間の防衛本能を使ってインフル・コロナ対策

このまま長引きそうな新型コロナウイルス。もう少し踏み込んだ対策を提案したい。 なぜ、手洗い、アルコール消毒などを推奨するのか?理由は、人は無意識に顔を手で触ってしまうから。 顔なんて全然触っていないと思っていても、実はかなり触っていることが実験で証明されている。 手から顔...
imagine

ライチョウを救え『ライチョウさんパニック』をつくってみた

雑誌『幼稚園』付録が毎号面白いので注目していたのですが4月号の付録 『ワニワニパニック ミニ』 が懐かしすぎて幼稚園生もいないのに買ってきました。 でも、付いている付録はそのままにして、、、 普段、保護活動にも関わっているライチョウをモチーフにした 『ライチョウさんパニック』 ...
タイトルとURLをコピーしました