こやり > imagine > 服のカタログ化で綺麗に畳めるようになる

服のカタログ化で綺麗に畳めるようになる

服のカタログ化で綺麗に畳めるようになる

寒さが急に来ましたが、少し暖かい日も増えてきましたね。

ずいぶん前のことなのですが、何かアプリを作ろうと考えていたときがあります。
冷蔵庫の中のものや、自分が持っているグッズなどを登録してカタログ化して、何を持っているのかスマホで把握できるというものです。

そもそも、カタログを作るのに、アプリなんか必要ないんだということに最近気付きましたよ。
スマホで写真を撮ってアルバム機能でカテゴリ分けをすればいいだけです。アルバムが入れ子になるとベストなのですが、写真まわりは仕様がよく変わるので、そんなことあんまり考えていられないと思いました。

早速やろうと思ったのは、服のカタログ化です。
着る服って、わりとタンスを開けて目に見える中からチョイスしてしまうことが多く、ヘビーローテーションになってしまうのです。靴下なんか、しばらく履いてないとゴムが劣化しちゃうこともありますよね。
持っている服をいつでも把握できるというのは、同じような服を買っちゃうことも防止できる気がします。

しかし、『持っている服をタンスから広げて写真撮って、たたんで収納』
というのは、すごく気が重いと思うのです。
この作業をプラスに考えてみてください。
私は、洗濯ものを畳むのはそんなに上手ではありません。
しかし、千本ノックのように、たたむという行為を集中して一気にやると、上達しそうな気がします。
服屋さんの店員さんが、サラリとたたみ直すことが出来るのは、膨大な量を畳んでいるからだと思うのです。夫婦の洗濯ものの洗い方・畳み方問題も進展するかも知れませんよ。

実際やってみましたが、中腰注意。
腰が痛くなってしまいました。

2017/02/10