こやり > imagine > 面と線と点、国境と都市

面と線と点、国境と都市

面と線と点、国境と都市

『NO BORDER』という言葉と
『タガタメ』というミスチルの曲で
国境について考えさせられた2004年の日清カップヌードルのCMが記憶に残っている。

それまでは、島国だからか
国境のことを考えていなかったように思う。

国や県など、人間が引いたラインって何なんだろう。
世界的に自国優先思考が強くなり、内向きに変化していると言われている。
EUは、何となく地球の国を統合する第一歩の気がしていたのだけど
イギリスが離脱するとなった今、EU自体が今後維持できるのか不透明になってきた。

行政や国としての運営していくのに範囲という定義は必要なんだろうけど
それが物事のベースになってしまっているのは惜しい気がする。

国ではなく、
例えば点をベースにできたらどうだろうか。

中心に近づけば近づくほど、税金などが増えたり、人が集まったりする。
中心に遠いほど、不便なんだけど、税金が安かったりする。とか。

ちっぽけな人間が、手の届く範囲なんて限られてると思うんだ。

2017/04/12