こやり > imagine > 【新型コロナウイルス予防対策】苦い成分で人間の防衛本能を呼び出せ

【新型コロナウイルス予防対策】苦い成分で人間の防衛本能を呼び出せ

【新型コロナウイルス予防対策】苦い成分で人間の防衛本能を呼び出せ

このまま長引きそうな新型コロナウイルス。
もう少し踏み込んだ対策を提案したい。

なぜ、手洗い、アルコール消毒などを推奨するのか?
理由は
人は無意識に顔を手で触ってしまうから。

顔なんて全然触っていないと思っていても、
実はかなり触っていることが実験で証明されている。

手から顔へ、鼻や口から体内へと入っていくコロナウイルス。

この口周辺を触らせないようにすればいいのではないかと考えた。

そこで、タカラトミーのリカちゃん人形が参考になる。
リカちゃんの履いている靴は
子どもの誤飲を防止するために苦い成分がコーティングされているのだ。

口に入れたり舐めたりすると、
オエッとなって飲み込まないようにするフェールセーフ機能。

ということで単純な話。
手洗いのスプレーとかにセンブリ茶や苦丁(くうてい)茶のような苦い成分を入れてしまえばいいのだ。
無意識に口に手をやると「にがっ」となって手についたウイルスは運ばれない。
顔を触れないという意識を高めるだけでかなりの感染が防げる。

新型コロナは
人間の免疫機能には頼れないが
『苦いを検知する防衛本能』で防いでみようという考え。

2020/04/26