【信州牛乳パン図鑑】太養パン店の牛乳パン

諏訪湖の牛乳パンと言えば、上諏訪駅の近くの太養パン店ではないでしょうか。

おばあちゃんがお店番をしている昔ながらの老舗なパン屋さんだと思っていたのですが、久々に伺ってみるとオサレなパン屋さんに変わっていてビックリしました!

新聞で改装するというのは知っていたのですが、大きなガラスのピカピカのショーケースにならぶキレイなパンたち。若いお姉さんたちがお店番もされていました。
以前は、自分でトレイに取ってレジに提出するオーソドックスな方式でしたが、ショーケース越しの対面で欲しいパンを指定する形になり、完全にリニューアルされています。ここまでオサレになってしまうのかとギャップに驚く。
(2020年7月16日にリニューアルされたようです。)

太養パンの外観。

太養パンは、いわゆるデフォルトのパンはほとんど置いておらず、工夫を凝らした見たこと無いパンたちが並びます。キレイなショーケースに並ぶと、以前とは別物に見えてしまう不思議。

お店に伺ったときは、お昼をちょっと過ぎていたこともあり、大きな鯖が挟まったサバパンとか、カレーパンとかは無くて残念でした。

太養パンの牛乳パン

って、牛乳パンが目当てでした!
ありました、かろうじて残ってます!
前のお客さんも、2人で1個ずつ牛乳パンだけ買っていくなんて!

なんだか、牛乳パンだけ佇まいが、昔のまま。

牛乳パン 200円 大人気!!長野県のご当地パンです

牛乳パン

ミルククリーム度 ★★★★
生クリーム度   
バタークリーム度 ★★★
甘さ       ★★★★
ザラザラ度    
パンのフカフカ度 ★★★★
食べやすさ    ★★★
うぷっ      ★★
パン       コッペパンみたいだが食パンっぽい味
値段       200円
重量       83g
クリームの厚さ  15mm
大きさ      125mm x 85mm x 60mm
消費期限     2日

所感

直方体を半分にななめカットしたサンドイッチタイプの牛乳パンです。

斜めカットの牛乳パン

パンの密度は粗く、コッペパンっぽいかなと?思いましたが、食べていくにつれ『食パンっぽい味』がしました。

クリームの状況

特徴的なのは、クリームのぬり方。

牛乳パンってクリームは、平たくまんべんなく塗っているものがオーソドックスなのですが、星形っぽい口金★でライン状のクリームが3列ひかれています。
なのでクリームがそこまで入っていない。でも、クリームが少ないなという感じはしませんでした。

スリーラインのミルククリーム

オリジナルパッケージ

オリジナルの包装 牛乳パン
gyunupan, taiyobakery, gyunupan, taiyobakery, gyunupan, taiyobakery,

サンドイッチみたいにむいて食べるようなオリジナルパッケージです。
『太養パン店』のロゴ・『牛乳パン』『gyunyupan』という文字が帯になっていて牛乳パン専用です。

どうやって外すのが正解?

パッケージの開け方の説明

『召し上がり方』の説明が、ホントにサンドイッチみたいに説明が書かれてあります。親切です。

では、牛乳パンを取り出してみましょう。

1.開け口部分より上にめくりあげて下さい。
2.そのまま上に引き上げて下さい。
3.牛乳パンを上部からお取り下さい。

いや、この状況だと、取り出し部分がまだ狭くて取り出せないのでは?
樹脂製品を金型から取り出すときに『抜き勾配』といって取り出すために口が大きくないといけないのですが、それが発生している気がします。
指示通りにやってみようと思ってやってみましたが、みんなどうしているのでしょう?ちょっとパンを崩して無理に取り出すか、さらに袋をやぶって取り出しているのでしょうか。
どっちにしろ、サンドイッチとかおにぎりとかの工夫して作ったパッケージングは大好きです。

信州の食べ物をお取り寄せ

長野に住んでいると、とてもお馴染みですが『サンクゼール』『久世福商店』という信州のおいしいものがぎゅっと詰まったセレクトショップがデパートや軽井沢のアウトレットなどで売られています。
オンラインショップが出来たので寄ってみて下さい!

牛乳パンは残念ながら、今は売られていないみたいですがそちらは遊びに来て欲しい!

お店の情報

太養パン店
https://www.taiyopan1916.com/
月〜土曜・祝 6:30〜14:30 日曜 6:30〜12:00

タイトルとURLをコピーしました